FC2ブログ

fuchsia創作記

創作サークル fuchsia(ホクシャ)によるボイスドラマ製作記や活動記など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のお話だよ! byバコ

昨日寝ちゃったバコは今日は夕方にパソコンの前に参上だよ!(書いているうちに夜になったよ!)
ちなみに昨日のこの時間はしゃちょーの部屋に。詳しくはMOREだよ!! 応募といったら受理メール。

というわけでしゃちょ宅で緊急fuchsia会議(開設方法・バコがしゃちょの家に行く)を開いたバコ&しゃちょーは、一通りドキドキして叫び終わった後にメールを出すべく用意していた受理メールを取り出したのでした。


(/コ\゙) 「ここをこうしてこうしたらすぐ出せるねー」

(・Д・社)カチャカチャカチャ

(・Д・社)「…?」

(/コ\゙)「?」

(○Д○社)「!?」

(/コ\゙)「?」

(○Д○社)「ぎゃー!!」(パソコン画面に表示された受理メールの文章を見ながら)

(/コ\゙)「は?」






こんちには、【籠入り少女の童話劇】企画者のfuchsiaです!
この度は当企画に応募していただきありがとうございますヽ(・Д・社*){感謝ー!!}(/コ\゙*)ノ





(/コ\゙) 『この文のどこに叫ぶ要素…が…』






こんちには、【籠入り少女の童話劇】企画者のfuchsiaです!
この度は当企画に応募していただきありがとうございますヽ(・Д・社*){感謝ー!!}(/コ\゙*)ノ












(○コ○゙)「…!!?」










こんには






(○Д○社)(○コ○゙)








(○Д○社)(○コ○゙)







(○Д○社)(○コ○゙)







(問)次の例1と例2を読み比べ、あなたの意見を述べなさい。





例1 こんにちはを使った場合


後輩「こんにちは先輩!あの・・・あの、今日もいい天気ですね!!」


先輩「うん、本当にいい天気だ。せっかくだからあの丘(数世代前の少女漫画風)に散歩にでもいかない?」


後輩「は、はいっww






例2 こんちにはを使った場合


後輩「先輩こんには!今日もいい天気ですねw」


先輩「ああ、どうやらいい天気なのは君の頭みたいだね」











(答)

こんちにはってアホっぽい






















(○Д○社)(○コ○゙)←そのアホっぽい言葉を使って受理メール送ろうとした人





(○Д○社)(○コ○゙){ぎゃー!!




なにこんちにはって!こんちにはって!

その後にどんなにまじめっぽく書いてあっても取り繕えないあほっぽさだよこんちには!!

まったくもう、本当に誤字脱字には気をつけなきゃいけませんね!

うっかり「fucshiaってアホの子なんだー…」って認識を植え付けかねません!!「うわアホの子かーそれはちょっとなー…」って引かれること間違いなしです!!



(・Д・社)「ていうか受理メールの用意したのってバコだよn「まあ未然に防げたのでよしとしますか」












さてさて、普通複数人が企画者として企画に携わっている場合、メールにはメール担当などそういったものがあるかと思います。

fuchsiaも最初はそのつもりで、応募受理メールには担当者の名前を書く欄がありました。


(企画者 fuchsia・バコ とかそういった風に)


が、緊急会議にて二人とも集まって書いてるんですよねこれ。
それに緊急会議してなくてメッセであっても、二人でメッセで騒ぎながら書いていくから、なんかもう…担当がない…。


つまり「企画者 fuchsia」と書いてある場合はマジで二人で書いてます。

めんどいから名前はぶいたとかそんなんじゃないんであしからず。












さてさてそんなこんなで日も暮れたのでお家に帰ることになったバコは、なにしろ歩きだったのでしゃちょーに途中まで送ってもらいました。いや一緒に歩いてるだけだけど。

夜道のバコが心配だからといったその口で「これすっごい怖いよぐろいよw」とアパシー学校であった怖い話1995を渡すお前が…にく…いやだいす………憎い。


そんなしゃちょーさんは何回もバコの家に行っているはずなのにまったく道のりを覚えません。

ツタヤまでって言っていたのになんかツタヤを過ぎても付いてくるしゃちょーにまあ盛り上がっていた話もまだひと段落ついてなかったので特に何も言わず話を続けていたんですが。

曲がり道でしゃちょが気づく。





(○Д○社)「ここどこ…!?」




おまえー!!!!!





(/コ\゙) 「え!?えーと、そこの道をまっすぐ歩いて行ったら大通りにつくから・・・」


(○Д○社)「え!?え!?


(/コ\゙) 「あー、だからー、えーとあの一本向こうの道も四車線道路とぶつかる十字路に」


(○Д○社)「100均の通り!?


(○コ○゙)「は!?ちょっ、おまっ



送られているはずが道を逆方向に歩きしゃちょを送るバコ



(○コ○゙)「あそこ!あそこにツタヤの看板があるでしょ!?もう帰れるよね!!」


(○Д○社)「あー!!」




しゃちょは創作面では頼りになるけどオフでは5割減します。


でもバコはそんなしゃちょがだいす…あー…あー…




(ちなみにこの日記、一度誤って文が全部消えた瞬間に自動保存されて真っ白になった記事が上書き保存された。
もう自動保存機能最高なんて言わない信じない。)
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://fuchsia000.blog33.fc2.com/tb.php/96-3e84fd82

 | HOME | 

初回閲覧者様へ

fuchsia

Author:fuchsia
fuchsia制作記へようこそ!
まずはfuchsiaとブログについて
をご覧ください


最新記事


カテゴリ

未分類 (2)
台詞屋 (84)
赤ずきん三つ物語 (2)
籠入り (90)
fuchsia (14)

月別アーカイブ


最新コメント


リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。